なんでも速報~アニメ・声優~

2014年02月

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: yomiφ ★ 2014/02/22(土) 10:27:28.05 ID:???

 サッカー元日本代表の鹿島MF・中田浩二(34)と、特撮ドラマ「忍風戦隊ハリケンジャー」で知られる女優の長澤奈央(30)が結婚することが21日、分かった。近日、婚姻届を提出する。友人の紹介で出会い、1年4か月の交際を経てゴールイン。
挙式・披露宴の時期は未定。長澤は結婚後も女優を続ける。


 関係者によると、2人は友人の紹介で出会い、2012年10月から交際を始めた。
当初はお互いの職業も知らなかったようだが、2人で会ううちに意気投合。
1年4か月の交際を経て、近く婚姻届を提出するという。


 中田は2000年に鹿島で3冠(リーグ戦・ナビスコ杯・天皇杯)を達成するなど
チームの黄金期をけん引。日本代表では02年の日韓W杯でフィリップ・トルシエ監督の戦術「フラットスリー」の担い手として、初の16強進出に貢献した。

 長澤は「ハリケンジャー」のハリケンブルー・野乃七海(のの・ななみ)役でブレーク。
この作品でアクションに目覚め、日本で数少ないアクション女優として活躍している。
昨年公開の主演映画「トラベラーズ 次元警察」では、すべての格闘シーンを吹き替えなしで演じ、「ジャパンアクションアワード2014」のベストアクション女優賞に輝いた。
撮影で負った傷を「勲章」と言い切るなど、アクションへの情熱は人一倍強い。
明るい性格で周囲への気遣いも忘れず、撮影現場では誰からも愛される存在だ。

 中田は国内だけでなく、過去には仏1部のマルセイユ、スイス1部のFCバーゼルにも所属。常に結果を求められる厳しい環境に身を置いてきた中田に対して、長澤は
「人間的に尊敬している」と話しているという。昨年は20試合以上も鹿島の試合を観戦。
料理の腕前も相当なもので、中田は手料理を喜んで食べるという。


 挙式・披露宴は行う予定だが、3月1日にJリーグが開幕することもあり、日取りは未定。長澤が目標とするのは、アクション女優のパイオニア・志穂美(長渕)悦子さん(58)。長澤は1月5日に30歳の誕生日を迎え、決意も新たに女優業に打ち込む覚悟で、
中田も“新妻”を全面的に応援しているという。

 ◆中田 浩二(なかた・こうじ)1979年7月9日、滋賀県生まれ。34歳。
帝京高(東京)から98年、鹿島入団。同年、Jリーグデビュー。2000年のナビスコ杯でMVP、01年にベストイレブン。05年にマルセイユ、06年からFCバーゼルに所属し08年、鹿島復帰。W杯は02年日韓大会、06年ドイツ大会に出場。同期は小笠原満男、本山雅志。身長182センチ。

 ◆長澤 奈央(ながさわ・なお)1984年1月5日、東京都生まれ。30歳。高校時代からCMなどに出演。2002~03年、スーパー戦隊シリーズ第26作「忍風戦隊ハリケンジャー」に出演。09年の日米合作映画「ホテルチェルシー」で米マートルビーチ国際映画祭の最優秀主演女優賞。ハリケンジャー放送終了10周年の13年、完全新作をDVDで発表。ほかに映画は「009ノ1」(13年)、「ペコロスの母に会いに行く」(公開中)など。身長165センチ。

nagasawanao12

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20140222-OHT1T00039.htm

(画像はコチラより)
忍風戦隊ハリケンジャー 10years after
http://www.toeiv.jp/hariken10/

記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 大阪のオタク街・日本橋エリア@yomiφ ★ 2014/02/19(水) 23:40:29.12 ID:???
 
東京都・秋葉原のようにアニメショップやサブカルショップが集まるエリア「オタク街」。
関東では中野や池袋、大宮などが有名ですが、所変わって関西地方のオタク街は
どんなものか。


関西三大オタク街として有名なのは京都の寺町周辺、大阪の日本橋周辺、そして兵庫の三ノ宮周辺へとなっています。 つい最近、久しぶりに帰省を兼ねて現地へ行ってきたので、写真と一緒にご紹介しましょう。

■京都のオタク街・寺町エリア

京都府京都市下京区の寺町通り周辺はオタク向けの大型ショップが一通り揃っていることから、京都を代表するオタク街として知られています。 古めかしい家屋や商店と大手PCショップが並ぶ様子は京都らしさを感じますね。

四条通りを挟んで反対側。 寺町京極商店街方面にはドラッグストアや飲食店だけでなく、
映画館やおみやげ屋さん、さらには神社、仏具店までもが乱立し、地元の買い物客と
観光客が入り乱れるカオスなエリアが広がっています。

no title

もちろん、メロンブックスなどのオタク向けショップやゲームセンターなどもお店を構えていました。

no title

■大阪のオタク街・日本橋エリア

大阪のオタク街といえば日本橋(にっぽんばし)エリア。 有名なオタクショップのほとんどが
店舗を構えており、裏路地にはどこから持ってきたのかわからないような家電製品を
並べる電気屋さんがあったりと、古き良き電気街らしさも残っているなんでもござれな
ディープスポット。関西最大のオタク街として知られ、「東の秋葉原、西の日本橋」と
言われるのも納得。


no title

オタク向け以外の専門店も非常に多く、難波から近いこともあり海外からの観光客も訪れ、
多種多様な目的を持った人々が行き交うエリアとなっています。

no title

■神戸のオタク街・三ノ宮エリア

兵庫県のオタク街といえば、神戸市の三ノ宮にあるセンタープラザ。 たくさんのゲームセンターが営業しているのが特徴的。 イエローサブマリンやアニメイトなどのチェーン店、数千本に及ぶレトロゲームを扱うゲームショップや同人ショップなどが並ぶ神戸周辺のオタクにとって数少ない憩いの場となっています。

no title

少し離れて「元高(もとこう)」の愛称で親しまれている三ノ宮・元町周辺の高架下商店街も昔からディープなスポットとして有名。シャッターを閉じたままのお店が目立つようになり、最近は新しく衣料品を扱う商店が増えましたが、中古ワープロ専門店や20年以上前の雑誌を扱う書店などのディープすぎるお店が残っていて、東京・中野に似たような雰囲気を感じました。

no title

関西のオタクエリアは秋葉原名物のエウリアン(絵売りをしている客引き)や裏通りのメイドたち(コトブキヤ前の通りの客引き)のような不快な存在をほとんど見かけず、いたとしてもしつこさや通行の邪魔になるような感じはありませんでした。もし旅行で京都・大阪・神戸に行く時はみなさんも気持よく街をブラブラと散策できるでしょう。

http://ure.pia.co.jp/articles/-/20838

記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: あやめφ ★ 2014/02/25(火) 15:45:44.67 ID:???
 
「逢いたかったよ! ハルヒ!!」――兵庫県赤十字血液センターは、「涼宮ハルヒ献血応援大作戦」ポスタープレゼントキャンペーンを3月8日から展開する。献血に協力すると、
涼宮ハルヒのポスターをもらえる。


ポスターは、若い世代の献血が減っている現状を知った「SOS団」が献血運動を開始した
という設定。涼宮ハルヒ、長門有希、朝比奈みくるが献血への協力を訴える。

配布期間ははおおむね1週間でなくなり次第終了。実施場所はミント神戸15献血ルーム、
三宮センタープラザ献血ルーム、新長田鉄人前献血ルーム、明石運転免許試験場献血ルーム、にしきた献血ルーム、塚口さんさんタウン献血ルーム、姫路みゆき献血ルームの7カ所。

no title

ねとらぼ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1402/25/news103.html
兵庫県赤十字血液センター
http://www.hyogo.bc.jrc.or.jp/event/2014/02/post-9.html

記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: yomiφ ★ 2014/02/23(日) 21:15:54.62 ID:???
 
人気のある女性声優が結婚すると、ファンの男性は大変に激高するものです。
しかし、中には「もう早く結婚して幸せになってほしい」とファンに思われている人気声優さんもいるようです。今回は、アニメが好き、声優が好きという読者に、「早く結婚して!」と思う女性声優は誰か聞いてみました。


■「まつらいさん」の回答多数!

まず、687人の読者にアニメ・声優好きかどうか聞いてみたところ、185人が「はい」と回答しました。だいたい27%ほどの人がアニメや声優さんが好きということですね。

次に、この185人に「もう早く結婚してほしい」と思う声優さんは誰か聞いてみました。
大変に票が割れましたが、ベスト5とその理由を紹介しましょう。

第1位 松来未祐(まつきみゆ)さん……17人
・誰か結婚するたびにネタにされているので、本人も幸せになってもらいたい。(24歳男性/学生/技術職)
・阿澄佳奈さんが結婚報告された際の壊れっぷりがすごかったので。悲壮感が出てきた。(25歳男性/電機/技術職)
・アニメ好き以外の人でもこの話題が広まっているくらい知られているから。(25歳男性/電力・ガス・石油/事務系専門職)

第2位 田村ゆかりさん……12人
・17歳は立派な結婚適齢期です。(23歳女性/不動産/事務系専門職)
・正直、結婚しても王国民は祝福するはず。(27歳男性/機械・精密機器/技術職)

第3位 水樹奈々さん……9人
・幸せになってほしいと思うようなかわいい人だから。(29歳女性/金融・証券/専門職)
・声優というより、普通に芸能人という感じなので、結婚してもそこまで抵抗なさそう。(29歳男性/マスコミ・広告/事務系専門職)

第4位 平野綾さん……8人
・余計なオタクファンがいなくなってくれそうなので。(31歳男性/マスコミ・広告/事務系専門職)
・結婚すればいろいろと落ち着くのではないかなと思う。(32歳男性/学校・教育関連/専門職)

第5位 堀江由衣さん……6人
・男性ファンが多いけど、もういいお年なので特に問題なく受け入れられそうな気がする。(34歳男性/情報・IT/技術職)
・美人だし、結婚していないのが不思議なくらい。(29歳男性/金属・鉄鋼・化学/技術職)

ベスト5はこのようになりました。「結婚」について、たびたびネタにされたりする松来未祐さんが一番多く回答を集めました。先日、ご友人の阿澄佳奈さんが結婚された際、壊れたようなツイートをされたことも声優ファンの記憶に新しいかと思います(笑)。

次に多かったのは、「王国民」と呼ばれる熱狂的なファンの多い田村ゆかりさん。
ショックを受けるファンが多いでしょうが、素直に祝福するファンも同じくらい多いかもしれませんね。第3位は紅白歌合戦に出場するなど、一般認知も高くなっている水樹奈々さんでした。

男性だけでなく、女性からも回答がありました。また、平野綾さんや堀江由衣さんなど、男性ファンが非常に多い女性声優さんでも「早く結婚した方がいい」と思う人がいるのは興味深いですね。

matsukimiyu

>>2につづく)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw962114

記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: オムコシφ ★ 2014/02/24(月) 13:47:06.27 ID:???

 いまさらの話になってしまうが、近年の声優人気には本当に驚かされる。
一般誌や情報番組などで声優が取り上げられることも、いまや決して珍しいことではなくなっている。そんな中、とくに目立つのはいわゆる“アイドル声優”の存在だ。声の仕事ながら本人の容姿にも注目が集まり、その人気はまさに芸能界の本家アイドルにも劣らぬ盛り上がりを見せているのだ。


 しかし、こうして注目が集まるようになったことで“奇妙なイメージ戦略”も垣間見られるようになった。それは、ある男性ライターが声優専門誌で女性声優を取材したときのことだ。

「取材したのは、今期も複数のアニメ作品に出演中の女性アイドル声優です。好きな男性のタイプを尋ねたところ、『色黒で“オラオラ系”の人が好き』といった答えが返ってきました。意外でしたが、そのギャップがおもしろいので、そのまま原稿に反映したんです」

 ところが、後日ライターが発売された雑誌を確認すると、この部分が修正されていたという。代わりに書かれていたのは「優しい男性が好き」といった当たり障りのない内容だった。ただし、こうした修正は珍しい話ではない。このときも「事務所からNGが入ったのかな?」程度に考えたそうだが、何の気なしに雑誌の担当編集者にこの話題を振ったところ、
「『色黒』や『オラオラ系』が読者層とかけ離れているので私が修正しました」という予想外の返答が……。


「事務所のチェックを受ける前に、編集者が修正したと聞いて驚きました。人気商売である以上、恋愛絡みの話題が『調整』されることはよくあることです。しかし、それは事務所の意向があってこそ。一般誌の芸能人の記事で迷った場合、『とりあえず書くだけ書いて、事務所の判断を仰ごう』というのが通例です。今回のようなケースは初めてでした」(前出のライター)

 一般的な芸能事務所と異なり、声優は取材時にマネジャーが同行しないことも多い。
このアイドル声優のときも同様で、彼女ひとりで現場を訪れていたという。つまり、事務所側は彼女が語った内容を正確に把握することもなく、編集部から送られた“無難な原稿”のみを目にしていたことになる。

「声優専門誌として、アイドル声優のイメージを守るのも仕事のうちかもしれません。
でも、少しばかり過保護というか、編集部が掲げる『アイドル声優』のイメージが“ピュア過ぎる”ような気がします」(前出のライター)

 実際に「オラオラ系がタイプ」と聞いてショックを受けるファンもいるかもしれない。
しかし今回の問題はそこではなく、声優専門誌の自主規制にある。
というのも、この自主規制は“アイドル声優自身に不利益を与える”可能性があるからだ。


 冒頭でも触れた通り、現在は一般誌でもアイドル声優を取り上げる媒体が増えている。
もしも声優専門誌で「優しい人が好き」と語っていた声優が、一般誌では「オラオラ系が好き」と語っていたら、ファンはどう受け止めるだろうか?「雑誌や読者層に応じて意見を変える」「本心ではそう思っていないクセに、ファンに媚びる狡猾な女」などの誤解を招きかねないのでは……?


 アイドル声優の露出が多方面に広がった現在、声優専門誌にも自主規制の基準を見直す必要があるのかもしれない。
(文/神楽坂隆)

no title

http://otapol.jp/2014/02/post-593.html

記事の続きを読む

お勧め人気記事

お勧め人気記事

人気記事ランキング

    お勧め人気記事

    このページのトップヘ