なんでも速報~アニメ・声優~

2014年02月

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: きよたろーφφφ ★ 2014/02/22(土) 21:48:45.71 ID:???
 
■出演者
門脇舞以(イリヤスフィール・フォン・アインツベルン)
名塚佳織(美遊)
植田佳奈(遠坂凛)
伊藤静(ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト)
高野直子(マジカルルビー)
松来未祐(マジカルサファイア)
杉山紀彰(衛宮士郎) 
ChouCho
StylipS

※出演予定者は予告なく変更となる場合がございますので、ご了承下さい。

■プログラム(予定)
・キャストトークショー
・生アフレコによる新作ミニドラマ
・「Starlog」「Prism Sympathy」など4曲ミニライブ
・シークレットなサプライズも!?
・etc…

アニメ公式
no title
http://anime.prisma-illya.jp/

記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: あやめφ ★ 2014/02/24(月) 12:05:45.88 ID:???
 
『あしたのジョー』など、数々の名作漫画を生んだ、昭和を代表する漫画家・ちばてつやの
相撲ヒーロー漫画『のたり松太郎』が、連載終了から16年にしてテレビアニメ化されることになった。アニメのタイトルは『暴れん坊力士!!松太郎』(4月5日スタート、毎週日曜 前6:30 テレビ朝日系)。相撲ファンや原作をリアルタイムで読んだ世代のみならず、次世代の若者たちの心にがぶり寄る。


同作は、1973年8月~1993年6月、1995年10月~1998年5月という長きにわたり、『ビッグコミック』で連載された超長編漫画。1977年には『小学館漫画賞』を受賞した。人並み外れた怪力を持つ、天衣無縫で暴れん坊の大男・坂口松太郎が相撲部屋に入門し、一人前の力士へと成長していくストーリー。

主人公の松太郎は「頑張る」、「目指す」、「夢見る」といった少年漫画の主人公につきものの言葉とは無縁の男。誰よりも強く、相撲では敵なし。一番の弱点は松太郎自身の気ままな性格で、それゆえ、行く先々でトラブルに見舞われることもしばしば。それでも、のたりのたりと、いばらの相撲道を歩んでいく。通常のヒーローものとは一味もふた味も違う破天荒な設定やストーリーが魅力の作品だ。

松太郎の声は、日本中がその名を聞いて耳を疑うに違いない超大物が担当(近日発表)。
松太郎が通っていた中学校の教師で、松太郎より5歳上、のちに松太郎と結婚する南令子は、アニメ『ブラック・ジャック』のピノコ役などで知られる水谷優子が務める。


現在、放送中のアニメ『聖闘士星矢Ω』は3月で終了。

no title

ORICON STYLE
http://www.oricon.co.jp/news/2034382/full/

記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ケンシロウとユリア百式φ ★ 2014/02/25(火) 06:11:17.44 ID:???
 
日本を代表する人気RPG『ファイナルファンタジー』(FF)シリーズ。
どのシリーズ作品にも、多くの魅力的なキャラクターが登場します。
ただ、中には「このキャラクターは全く使わなかったなぁ……」というキャラクターもいます。


今回は、マイナビウーマン読者にそのキャラクターは誰なのか、聞いてみました。

■僅差ながら、FF10のキマリが1位!

まず、マイナビ読者687人に、FFシリーズをプレーしたことがあるか聞いてみたところ、
175人が「プレーしたことがある」と回答しました。この175人に、「そういえば使わなかったなぁ……」というキャラクターがいるか聞いてみました。

Q.FFシリーズの中で「そういえばこいつ全く使わなかったなぁ」と思うキャラクターはいますか?

はい……50人(28.6%)
いいえ……125人(71.4%)

50人が「全く使わなかった」というキャラクターがいるとのことです。では、それはどの作品のどのキャラクターなのでしょうか。聞いてみました。※複数回答可

●『ファイナルファンタジーX』のキマリ……16票
・特殊攻撃が相手の能力を吸収するものでしたが、大した技を吸収しないからです。
(27歳女性/学校・教育関連/専門職)
・攻撃力もない、魔法も使えない、オーバードライブ技も大したことがない、
文字通り使えない奴だった。(44歳男性/情報・IT/クリエイティブ職)
・使わないキャラといえばコイツ。(30歳男性/情報・IT/技術職)

僅差ではありますが、使わなかったキャラの1位は「キマリ」でした。突然強制戦闘に参加させないといけなくなったりしたので、育成していなかった人は「マジかよ……」となりましたよね(笑)。

●『ファイナルファンタジーVI』のウーマロ……15票
・自分で行動が命令できないので使いにくかった。(31歳男性/機械・精密機器/技術職)
・使わないというか、使えないキャラだったと思う。(32歳男性/機械・精密機器/技術職)
・使いどころや魅力が全く分からなかった。(27歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

装備品も固定だったのは痛かったですよね。マニアックなプレーヤーしか使いませんでした。

●『ファイナルファンタジーIX』のクイナ……6票
・育成するのが面倒だったため。(26歳男性/運輸・倉庫/事務系専門職)
・見た目もイマイチだし、弱かった。(38歳女性/自動車関連/その他)

舌をベロンと出した奇妙な風貌でした。今ならキモカワイイと人気になるかもしれませんね。

●『ファイナルファンタジーX』のリュック……5票
・単純に弱かったので使わなかった。(25歳女性/医療・福祉/専門職)
・他に使えるキャラがいたので。(28歳男性/マスコミ・広告/事務系専門職)

序盤はかなり弱いキャラクターでしたから、そのまま使わなかった人も多いでしょう。

>>2以降に続きます[1/3]

fainaru5

ソース:マイナビウーマン(2014.02.24)
http://woman.mynavi.jp/article/140224-22/

記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: yomiφ ★ 2014/02/26(水) 00:40:34.70 ID:???

「ラブライブ!」の南ことり役で大ブレイクを果たし、その後「ビビッドレッド・オペレーション」の四宮ひまわり役や「デビルサバイバー2」の新田維緒などを演じている内田彩さんが
ソロデビューを果たすことが、3月10日に発売される「声優パラダイス vol.22」の表紙で
発表されている。


内田彩さんは「ラブライブ!」μ'sのメンバーとして音楽活動をしているのはもちろん、
TVアニメ「あいまいみー」の愛、ミイと一緒に麻衣として主題歌を歌ったりしている。
ソロデビューの詳細は不明だが、「声優パラダイス vol.22」で何らかの情報が
明かされるはずだ。


そういえば、内田真礼さんのソロデビューが発表されたのは「声優グランプリ 3月号」
だった。声優誌の表紙を使ってアーティストデビューを発表するのが新しい流れなのだろうか?

no title

http://www.ota-suke.jp/news/112970

記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: yomiφ ★ 2014/02/23(日) 22:52:55.95 ID:???

 テレビアニメが放送中の「プピポー!」やアニメ化が決まった「ハイスコアガール」など
数々の人気作を手がけるマンガ家の押切蓮介さん。「ハイスコアガール」のほか、
「ゆうやみ特攻隊」など複数の連載を持つ売れっ子だ。
破竹の勢いの快進撃を見せる押切さんに執筆活動について聞いた。


 ◇舌をかみ切りたくなる衝動も
 --複数の連載作品を抱えていますが、大変なのではないでしょうか?

 「大変」という言葉を軽はずみに使うのは僕は嫌いです。マンガ家として大変であったり
忙しいのは喜ばしいことなのですから……。しかし、ここはあえて言わせていただくと、
大変です。本当に大変なのです。

 敗戦後の日本を本で調べたり、第二次世界大戦の資料を読みあさり、次の日には
日本の風習の資料を見て、さらにはゲームのことを予習します。大変多くの資料を読むことで、学のない僕の頭は大変おかしくなります。陰惨な虐殺描写を描いたその半日後には
少年少女の純愛を表現する状況に、舌をかみ切りたくなる衝動を必死に抑えるわけなのです。


 「プピポー!」の連載を抱えていたときがピークでした。「でろでろ」「ピコピコ少年」
「ゆうやみ特攻隊」「ぼくと姉とオバケたち」「ミスミソウ」を同時連載していたときは、
本当に……本当に大変な思いをしました。もう一度言いますと、本当に大変だったのです。
あのとき、本当に大変であった僕を、このインタビューを見た人は褒めてほしいです。

 本当に大変だったのです……。

 --「プピポー!」のようにホラーや妖怪をテーマとした作品が多いですが、影響を受けた作品はありますか?

 もともとホラーマンガが好きであり、特に昔の貸本時代のホラーが大好物でありました。
マンガ家を志す際、なんとか現代に1980年代のホラーテイストを生かせまいかと作品を
描いたところ「ホラーギャグ」なるものが生まれました。ホラーギャグに飽き足らず、
「ホラーハートフルコメディー」「メンチサイドホラー」などの作品を描き、充実したマンガ家人生を歩ませていただいております。影響を受けたホラー作品は好美のぼる先生のマンガ全部と徳南晴一郎先生の「人間時計」です。

 --一方で「ハイスコアガール」「ピコピコ少年」といったゲームを題材とした作品も人気を集めています。

 1にゲーム、2にゲーム、3にゲームの子ども時代を過ごしてきました。勉強は1000くらい
あとだったと思います。このゲームにまみれた学生時代を今のマンガ家業に生かせないものかと思い、ペンを走らせてみたわけです。

 もちろん妖怪や心霊ものも好きだったので今に生かしております。子どものころは
「ゲームなんて無駄だ、無駄だ」と言われ続けましたが 今となってはこうして
僕自身を支えてくれる素晴らしい存在となってくれました。ゲームを制作した人たちが
「ああ、あのゲームを作ってよかったなあ」と思ってくれるようなマンガを描くことができれば僕は幸せです。


 ◇女性キャラは己の趣味嗜好に振り回される…
 --「プピポー!」の若葉や「ハイスコアガール」の晶など無表情で可愛い女性キャラクターが作品の特徴としてありますが、誕生のきっかけは?

 僕の欠点は女性キャラの書き分けが苦手なことです。女性を描くとき「黒髪が良い」と思い、次に「長髪が良い」と思います。さらには「目つきが毒々しいほうがいいなあ」と思い、最終的には「パッツンが好き」……と描いていくと……ああなってしまうのです。

 バカの一つ覚えをなんとか克服しないとダメだとは思っているのですが、己の趣味嗜好(しこう)にどうしても振り回されてしまいます。しかしながら「可愛い」と評判がいいので、まあよしとしております。

no title

>>2につづく)
http://mantan-web.jp/2014/02/23/20140222dog00m200038000c.html

記事の続きを読む

お勧め人気記事

お勧め人気記事

人気記事ランキング

    お勧め人気記事

    このページのトップヘ